「ジッテプラス」

寝汗は背中ニキビの原因なるの?

汗腺が普通に機能している人なら、寝汗は体温調節の為にかくものです。

一晩に健康な成人ならコップ一杯くらい汗をかくと言われています。

背中ニキビに汗は大敵なのでしょうか?

汗をかくことは体温調節の点から必要な機能ですが、汗をかいた後のケアが背中ニキビ防止につながってきます。


では、クーラーをつければ全てが解決するのかというと、クーラーにはクーラーのデメリットがあるのでその点を理解しましょう。

全く汗をかかないのは、逆に夏バテの原因となります。汗をかかずにいると、老廃物が溜まり、自律神経が乱れて体がだるくなり、体調を崩す恐れがあります。

夏はしっかりと汗をかいて汗を出すことで、新陳代謝がアップし、体が健康になり、体内の老廃物も流れ、美容にも効果があります。

ですので、汗をかくことは体の機能の1つなので大切ですが、かいた汗を放置することです。少々の運動や外出を取り入れ、夏は汗をかいておきましょう。

またクーラーをつけたまま寝ると、寝ている間に何時間も体が冷やされ、気がつけば朝までクーラーをつけっぱなしにして、ブルブル震えながら起きることになります。

起きた時には乾燥で喉ががらがら、という状態で目が覚めるのです。

クーラーのつけすぎは、生理不順、乾燥、冷え、血行の悪さ、喉の痛みなど、不健康を招いてしまうので、背中ニキビを避けるためにはクーラーを使用したのに、その行為がかえって体調不慮を起こすことがありますので本末転倒です。ですので、クーラーをつけて寝る時はタイマーをしてから寝ましょう。

1番良いのは、眠りにつくときにクーラーを使い、その後は、扇風機などを使って寝るのがよいかもしれません。それでも、熱帯夜には睡眠中についつい起きてしまうことがあります。その時は、ついでに汗をきちんと拭きとってから再び床に就きましょう。睡眠中は、ですので、寝間着だけでも通気性の良い汗の吸収のいい寝間着を着るか、タオルを枕に巻くといいでしょう。

寝具も定期的に洗濯しましょう。寝る時に使用するものにも配慮することで背中や首元も、寝汗によるトラブルを防ぐことができるでしょう。

また日中の身だしなみについては、忙しい生活をしていると、目の届きにくい背中の汗まで丁寧にケアする人は少ないかと思います。

背中ニキビに関わらず、大人ニキビ全般の原因は汗によってばい菌が繁殖し、毛穴を塞いでしまって、大人ニキビができます。

ですので、汗をかいたら、拭くという習慣を暑い夏は特に習慣つけると良いかもしれません。夏場は、外出できでも、ハンカチ等持ち歩いてこまめに汗をふき取ったり、汗を吸い取りやすい肌着を着たり、通気性の良い洋服を着て、対策をねりましょう。

毛穴の洗浄力とニキビ跡を抑える美白効果で予防→改善→跡ケアをこの1本で実現できる背中ニキビ専用ジェル「Jitte+(ジッテプラス)」はこちらからどうぞ!


 

サイトマップ

ひまわり証券でFXを