「ジッテプラス」

背中ニキビの敵、寝汗を抑えながら寝る方法!

背中ニキビは汗をかくと菌が毛穴に増殖し、毛穴がつまり、大人ニキビを発生させます。

寝汗をかかずに寝るにはどうすればよいのでしょうか?もちろん一晩中エアコンをつけるのも良いですが、電気代を考えるとちょっと。。。という方もいるかと思います。

今回、エアコン以外で極力、背中ニキビの原因となる寝汗を抑えて寝る方法を調べてみました。

まず、エアコンを使わずに涼みながら寝たい場合は、

・冷蔵食品を買ったときについてくる保冷剤で血の巡りが激しい首やわきの下を冷やしながら、体全体を冷やして眠りにつこう!

保冷剤がなければ、冷やした濡れタオルや凍らしたタオルを使ってもよいでしょう。

水風呂に入り、体の芯から冷ましましょう!

冷たいシャワーは寒く感じるときもありますが、一瞬暑さから逃れるのには良い方法です。体の芯から冷えるには、体を水に浸かる水風呂がよいでしょう。そして一日に数度入るのもよいでしょう。

霧吹きとウチワや扇風機を使って気化熱で涼しくしましょう!

これは水分が蒸発するとき、気化熱を奪うので涼しく感じるのです。汗をかいたままほっておくと風邪をひきやすくなるのはこのためです。

熱を下げる食べ物スイカやキュウリなどの、ウリ科の野菜を摂って熱を下げましょう!

スイカには利尿作用があり、夏バテ対策にピッタリの食べ物ですので暑い時にはピッタリの食べ物です。

寝る前にしっかり水分をとって眠りにつきましょう!

寝汗をかかなくするために水分をとる量を極端に減らすと、暑い夜は、脱水症状になる可能性もあるので注意が必要です。寝ているときは起きているとき以上に汗をよくかくので、寝る前に十分な水分補給をしましょう。

寝具選びも工夫してみましょう。

通気性がよく、汗がたまりにくい寝具や、体感温度を下げて汗をかきにくくする寝具を取り入れるのも良いでしょう。特に暑い夏は定期的に寝具と寝間着を洗い、身の回りを清潔に保ちましょう。

なんて初歩的な方法なの?と思う方も多いと思いますが、これだけの方法を組み合わせやだけでも、暑さは吹き飛び、大人ニキビ知らずの背中を維持できるのではないでしょうか?

毛穴の洗浄力とニキビ跡を抑える美白効果で予防→改善→跡ケアをこの1本で実現できる背中ニキビ専用ジェル「Jitte+(ジッテプラス)」はこちらからどうぞ!


 

サイトマップ

ひまわり証券でFXを