背中ニキビ、【ジッテプラス】

背中ニキビと自律神経の乱れについて

背中ニキビの原因の1つに生活習慣の乱れやストレスがありますが、この様な生活を送っていると自律神経も乱れ、お肌や健康にとってよくない生活を送らなくてはいけません。

大人ニキビを改善するためには、まず自律神経を整え、美肌への条件をクリアしていきましょう。

自律神経を整える習慣

通勤時の服装はゆったりした服を着る
・温度の変化に敏感になる
・入浴は全身浴5分、半身浴10分


自律神経は体を活動させるときに優位になる交感神経と、逆にゆったりしているときに優位になる副交感神経からなります。

この2つがバランスよく働くことで健康を維持しているのですが、自律神経が整っているからこそ、お肌にも健康にもよい生活が送れるのです。

私たちは交感神経が活性化しっぱなしで、副交感神経が高まらない、常に緊張状態にある人が多いです。その原因は、ストレスからです。

自律神経を整えようと、頭でコントロールしてもできません。自律神経を整えるにはは体を動かしたり運動・行動して、気分転換をするのが効果的です。

自律神経が乱れない行動を心がけるのはもちろんですが、必要なときに交感神経や副交感神経を活性化させる方法を日常生活で取得すれば自律神経の乱れなしで生活できます。

まず窮屈な服装は交感神経の働きを上げます。

これからの季節、外は猛暑、室内は冷房と温度差が激しくなりますが、これも自律神経を乱す要因です。涼しくても、気持ちいいこと=自律神経にいいことではありません。薄手
のセーターを着るなどして、温度変化に対応しましょう。

私たちは慌しい生活の中で過ごしてうりのでリラックス(副交感神経優位の状態)が苦手ですが、寝る前の正しい入浴は副交感神経を高めます。

お湯は39〜40度のやや温めにし、掛け湯をした後、ゆっくりと湯船に入り、5分間、首まで浸かります。次に半身浴を10分。これが基本です。半身浴で体を芯から温めると、お風呂から出たときの冷えを感じることが少ないので、温度差の影響を受けずに済みます。

自律神経を整えて、背中ニキビのできない健康的なお肌を目指しましょう。

毛穴の洗浄力とニキビ跡を抑える美白効果で予防→改善→跡ケアをこの1本で実現できる背中ニキビ専用ジェル「Jitte+(ジッテプラス)」はこちらからどうぞ!


 

サイトマップ

ひまわり証券でFXを