背中にきび、にきび跡、『Jitte+(ジッテプラス)』

背中ニキビと肩こりの関係について

意外かもしれませんが、肩こりはニキビの原因になることがあります。

肩こりと背中ニキビ、まったく関係なく思えますが、肩こりと背中ニキビには関係があるんです。

肩や背中がこるということは、血行が悪くなっている証拠です。

血行が悪くなってしまうと、ターンオーバーの周期が乱れてしまい、その結果古い角質がたまり、背中ニキビを引き起こすことになるのです。

背中も丁寧に洗っているし、食べ物に気をつけているのに背中ニキビができてしまうという人は、もしかすると肩や背中のこりが原因かもしれません。

気付いた時にストレッチやマッサージをしたり、お風呂であたためてあげたりと、できるだけ血液循環を良くして正常なお肌のターンオーバーを意識しましょう。

また、肩がこりやすい人は、背中の姿勢が正しくなく、丸くなった状態で生活している場合があります。

後姿が丸くなってしまう原因は「猫背」にあります。

猫背の人のマインドは、

猫背って寒い時は、寒さから体が丸くなりがちです。そして楽そうでうもんね。とつい猫背になってしまう。

背中の筋肉が身体の重心を後ろに戻そうとして緊張する。

血液の流れが滞り、老廃物が溜まりやすくなり、背中の皮膚の状態は健康なお肌の状態ではなくなる。

背中にぜい肉がついたり、肌荒れを起し背中ニキビができやすくなります。

という流れで、背中ニキビができてしまうのです。

この悪循環から抜け出すには、週に1回、背中のケアを心がけるとよいでしょう。

目の届きにくいパーツをどのようにケアするかというと、

古い角質をオフしましょう

ピーリングジェルを使用し、肌の不要な角質や皮脂を取り去ってあげましょう。

ターンオーバーの周期を正常に戻し、新陳代謝の働きを助けることにもなります。

これにより透明感のある背中になるでしょう。

ローションパックで保湿しましょう

背中の乾燥はニキビや黒ずみの原因の一つになります。

乾燥が進むと皮脂分泌が進み、乾燥しないように更に、皮脂が出て、背中ニキビができやすい状態になります。

コットンやキッチンペーパーにローションをひたひたにして5分程度潤いパックをしてあげるのもおススメです。

その後、美容クリームやオイルで潤いを閉じ込めてあげましょう。

毛穴の洗浄力とニキビ跡を抑える美白効果で予防→改善→跡ケアをこの1本で実現できる背中ニキビ専用ジェル「Jitte+(ジッテプラス)」はこちらからどうぞ!

 

サイトマップ

ひまわり証券でFXを