背中にきび、にきび跡、『Jitte+(ジッテプラス)』

背中ニキビがある時にやってはいけない脱毛法について

カミソリ脱毛

背中ニキビがあるところに、カミソリの刃を当てるのは出血を招くので止めたほうがよいでしょう。背中は、体の裏側にあるので、手の届きにくい場所でもあり、知らず、知らずのうちに、背中の角質をそぎ落とし、自ら敏感肌にしている場合があります。

カミソリ脱毛は、ニキビがある場所をきちんと把握できずに、思いっきりニキビごとそぎ落とすことになるので注意が必要です。

また傷だらけの皮膚だと、ばい菌や老廃物が入り込みやすくなる危険があるので、ニキビ悪化を防止させたい人にはお勧めできない脱毛法です。

ワックス脱毛

ワックス脱毛はお肌に刺激が強いので、背中ニキビの悪化促進を招くため使用しないほうがよいでしょう。背中の毛穴は大きいので、毛を引っ張って抜いた毛穴に雑菌が入ると更にニキビができやすくなるので注意が必要です。

除毛クリーム

背中に除毛クリームを塗るのは、どうしても見えないのでムラが出やすくなります。

そして、除毛クリームは、背中の表面の毛を溶かすので、ムダ毛は中途半端に中に残っています。この状態では、埋没毛になってしまいます。

ここで埋没毛が皮膚を突き刺して表に出ようとするので、赤ニキビになったり腫れあがったりします。また、お肌に合わずに、赤くなったり、シミができたり、化膿したり更にニキビを悪化させる可能性が高いので注意が必要です。

毛穴の洗浄力とニキビ跡を抑える美白効果で予防→改善→跡ケアをこの1本で実現できる背中ニキビ専用ジェル「Jitte+(ジッテプラス)」はこちらからどうぞ!


 

サイトマップ

ひまわり証券でFXを