「Jitte+(ジッテプラス)」、背中のニキビ

シャワーだけでは、背中のニキビ対策には不十分?

シャワーだけで、一日の汚れや疲れを洗い流している方も多いかもしれません。確かに、シャワーだけでも体は洗えますし、体が臭くなるなんて無いように思えます。

しかし、シャワーとお風呂では、決定的な違いがあります。

それは、汗をかくということがあるかないかです。

シャワーは汗を流すには効果的ですが、入浴が伴わないために汗をかくことがありません。そのため、毛穴の奥に溜まった老廃物を洗い流せず、体臭に繋がります。

あくまでもシャワーで落としているのは、皮膚の表面の汚れだけなのです。毛穴の汚れまでは落せません。

しかし、背中ニキビの原因は、皮脂の過剰分泌促進による、毛穴の詰まり、汚れでした。これらの汚れをしっかり落しきれないと段々毛穴は詰まっていきます。

また、お風呂に入って汗をかかないと、乳酸が残りやすくなります。乳酸が残りやすくなると、疲れが落ちないのです。また血中の乳酸が増えると、アンモニア成分も増えるため、汗をかいたときの体臭も強くなります。

しっかり疲れを取ることが、背中ニキビ防止または、体臭予防にも繋がります。

背中ニキビ防止や体臭を防ぐためのベストな入浴方法は、

夜はシャワーではなく湯船にしっかりつかりましょう!

夜は、シャワーではなく、湯船にしっかりつかりましょう。新陳代謝が高まり、疲れも取れます。同時に、老廃物や古い角質も取れやすくなります。また、睡眠の質が向上するので、ストレスのない生活を送れます。

朝はシャワーを浴びましょう!

朝は、少し高めの温度設定でシャワーを浴びると、自律神経が活発になりスッキリします。これは、シャワーの最大のメリットです。

注意点としては、夜の入浴で頭や体を洗っている場合は、朝は洗わないようにすることです。
髪も皮膚も、洗いすぎると皮脂の過剰な分泌に繋がり、お肌の乾燥を促進し、ニキビができやすい状態になります。

入浴中に、背中ニキビや体臭を抑えるために実践したいことは、

体の隅々までよく洗う

せっかく湯船に入っても、背中の汚れなどをきちんと落とさなければ意味がありません。背中はもちろん耳の後ろや、足の指の間など忘れがちな部分まで、しっかり洗いましょう。

保湿をしっかりする

肌が乾燥すると、これを防ごうと余計に皮脂が出やすくなり、背中ニキビができやすくなったり、臭いの元が増えてしまいます。そのため、すぐに雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。できるだけ、ボディーローションを塗って、乾燥からお肌を守りましょう。

毛穴の洗浄力とニキビ跡を抑える美白効果で予防→改善→跡ケアをこの1本で実現できる背中ニキビ専用ジェル「Jitte+(ジッテプラス)」はこちらからどうぞ!

 

サイトマップ

ひまわり証券でFXを