「Jitte+(ジッテプラス)」、背中のニキビ

ぬるま湯で洗う背中美人になるためのポイントについて

背中のニキビにならないためには、背中を清潔に保つことはもちろんですが、正しい入浴方法を知らないと、入浴の際に知らず知らずのうちに背中にきびや湿疹を悪化させていることもよくあります。

背中ニキビを防ぐための正しい入浴方法は、

固形石鹸を使う

市販されているボディーソープの殆どは、洗浄力が強い合成界面活性剤や防腐剤が使用されています。肌への刺激が強いので、背中にニキビがあるときは特に、固形石鹸をおススメします。

ぬるま湯で洗うようにしましょう!


お風呂の後に体温が上がり、痒みが増すという人は、湯船の温度はぬるま湯に設定し、あまり長時間お風呂に入らないようにしましょう。

洗う順番に気をつけましょう!

頭はしっかり流していても、場所的に背中は見落としがちです。先にシャンプーとリンスを済ませた後で、最後に体を洗うと良いでしょう。もちろん、体を洗った後も十分に洗剤を丁寧に洗い流して下さい。

強くこすらないようにしましょう!

体を洗う時、痒いからといって硬いナイロンのタオルでゴシゴシと強く擦ったりしては更に悪化させてしまいます。

これは肌を傷つけるだけでなく、お肌に必要な水分や脂も洗い流してしまうので、乾燥や痒みを更に悪化させてしまいます。

石鹸をよく泡立て、手洗いで優しく洗うのが良いですが、手が届かないところだけ、綿のタオルで優しく洗うようにしましょう。

上がった後はすぐにタオルで水分を取り除くようにしましょう!

お風呂上がりは、まずすぐにタオルで優しく水分を取り除くようにしましょう。

濡れたままの状態だと、水分が蒸発する時に潤いも奪われてしまいます。そして、タオルで拭く時は、こすらず優しく押し当てるようにしましょう。

毛穴の洗浄力とニキビ跡を抑える美白効果で予防→改善→跡ケアをこの1本で実現できる背中ニキビ専用ジェル「Jitte+(ジッテプラス)」はこちらからどうぞ!

 

サイトマップ

ひまわり証券でFXを