背中にきび、にきび跡、大人ニキビ、『Jitte+(ジッテプラス)』  

背中ニキビと顔のニキビの大きな違いは?

背中ニキビと顔のニキビの大きな違いは菌の種類が違います。

顔のニキビアクネ菌
背中ニキビマラセチア菌

アクア菌は常在菌の一つで、健康な人の身体に日常的に存在する微生物(細菌)のことを言います。
人の場合、腸内に最も多く存在し、他には口腔内、皮膚表面などに棲息しており、様々な作用をもたらしています。

アクネ菌は空気が入らず、皮脂が多く毛穴の詰まっているところが大好きです。その大好きな毛穴にアクネ菌が入りこむと、炎症をおこしニキビが出来ていまうのです。

マラセチア真菌はカビの一種です。

マラセチア真菌にはつの種類があり、背中ニキビを作るマラセチア真菌はそのうちの1つです。

マラセチア真菌で出来る背中ニキビは、アクネ菌の顔に出来るニキビとは違い、かゆみや痛みを伴わないので気がつきにくくなります。

そのため、ある日、気づいたら、背中ニキビができていたり、すでにニキビ跡になっていたりするのです。

アクネ菌やマラセチア真菌を増やす原因は、

ストレス
・睡眠不足
・食生活の乱れ


この様な環境によって、皮脂分泌が過剰になったり、毛穴が詰まった状態になりニキビが出来やすくなります。

これらの環境を改めるのが第一優先ですが、清潔にも気をつけましょう。

その上で、背中ニキビに特化した化粧品を使うことが最適なケアとなります。

毛穴の洗浄力とニキビ跡を抑える美白効果で予防→改善→跡ケアをこの1本で実現できる背中ニキビ専用ジェル「Jitte+(ジッテプラス)」はこちらからどうぞ!


 

サイトマップ

ひまわり証券でFXを