背中にきび、にきび跡、大人ニキビ、『Jitte+(ジッテプラス)』

暑い夏の背中ニキビの原因は?

夏は気温が高く蒸し暑いことが多いので、寝汗をかく人が多いです。特に背中は汗腺が集中している場所なので、ニキビができやすい場所です。また、仰向けに寝る人は背中の部分汗をかくので、布団と接触し、さらに刺激を受けニキビができやすくなります。夏の間は汗をかくので寝具や寝間着は清潔でありたいものです。

寝間着は吸湿性の良いものを使用しよう

シャワーの際は、毎回清潔なタオル使用を心がけるようにし、寝具や寝間着は常に清潔な状態にしておきたいです。汗かきのかたは、できれば綿などの吸湿性の良い素材が望ましいでしょう。

又、肌が弱い人は、洗剤や柔軟剤原因で背中ニキビができている時もあるようですので注意が必要です。

ストレスにも注意

仕事や家庭、学校のこと等でストレスを感じると交感神経が高まり、血流が大変悪くなります。また、ストレスが強くなると男性ホルモンの分泌が活発になります。

この男性ホルモンは、

角栓発生
・皮脂の過剰分泌を促す→ニキビの発生原因になる


そのため、ストレス解消に努め、睡眠不足、食生活の乱れ、生活習慣の見直しが大切です。


食生活を改める

チョコレート、ケーキ
・ファーストフード
・脂っぽい食品


は、血液が汚れがちです。この様な状況下では、血液をキレイにするため、ニキビとして老廃物を排出しようとするので、血液が汚れない食べ物を摂るようにしましょう。

積極的に摂りたいのはビタミン類です。

ビタミンB2(代謝を正常化する):レバー、うなぎ、大豆など
ビタミンB6(皮膚炎などの炎症を予防する):青魚、プルーンなど
ビタミンC(皮脂分泌を抑制する):キウイ、ピーマン、ジャガイモ、ブロッコリーなど

これらのビタミンを毎日食事から摂ることが難しい場合は、サプリメント等を飲むのも良いでしょう。

日焼け対策をする

日焼けにより皮膚の角質が硬くなって(過角化)柔軟性を失います。

そうすると、

角栓発生を誘発→ニキビの発症率を高める

日焼けもしすぎないようにUVケア化粧品を使い気を付けて、何か羽織るものを持って行ったり、できるだけ陰で過ごすように心がけると良いですね。

毛穴の洗浄力とニキビ跡を抑える美白効果で予防→改善→跡ケアをこの1本で実現できる背中ニキビ専用ジェル「Jitte+(ジッテプラス)」はこちらからどうぞ!



 

サイトマップ

ひまわり証券でFXを