背中にきび、にきび跡、大人ニキビ、『Jitte+(ジッテプラス)』

皮脂の過剰分泌とストレスの関係

背中は、

皮脂分泌が多い部位
・汗腺が集中している部位


ストレスなどの要因により、皮脂分泌が通常よりも活性化することで、毛穴がつまりやすくなります。
不規則な生活によるストレスや食生活の乱れが過剰な皮脂の分泌を招いてしまうのです。

ストレスが続くと、そのストレスに対抗するため、抗ストレスホルモンの「ノルアドレナリン」の分泌が活性化します。
また、自律神経のバランスが乱れることで、男性ホルモンの分泌も活発になります。

ノルアドレナリンや男性ホルモンには皮脂腺を刺激する作用があるため、これらのホルモンが増えることで、皮脂の過剰分泌を引き起こします。そして、排出しきれない皮脂が毛穴の中で古い角質と混ざり合うことで、毛穴を塞いでしまうのです。

背中ニキビと男性ホルモンの関係について 

 
男性ホルモンは男性の体内だけで作られているのかと思うかもしれませんが、女性の体内でも男性ホルモンは作られますし、逆に男性の体内でも女性ホルモンは作られます。

男性ホルモンのアンドロゲンが角化細胞の増殖を促し、肌の角質を増やし、毛穴が角栓によって塞がれて、詰まることにより大人ニキビができます。

男性ホルモンによる大人ニキビなのかのチェック方法について

・顔の側面、もみあげから顎にかけてのUゾーン、あるいは鼻の下、口周りにニキビが出来やすい方

女性の場合、男性のヒゲが生えている位置に大人ニキビができると、ヒゲが生えない代わりに男性ホルモンの影響で大人ニキビが出来てしまうわけです。

女性なのに男性ホルモンが増加する原因:

不規則な生活、
・ストレスによるホルモンバランスの乱れ


ストレスを受けると、自律神経のうち交感神経が優位になり、身体全体が緊張、興奮状態になってしまいます。交感神経は男性ホルモンの分泌を促すので、交感神経が活発な状態が長く続くと、結果的に男性ホルモン優位の体質へと変わってしまうわけです。

男性ホルモンを刺激する「高GI食品」や、動物性脂肪の過剰摂取、ビタミンB群の不足も皮脂の過剰分泌を招く要因になりますので注意が必要です。

==用語集==
角化細胞:表皮の細胞.表皮最下層の基底層(基底細胞)で分裂して順次皮膚表面へと移行し,最後は垢となる過程をとるケラチン生成細胞

毛穴の洗浄力とニキビ跡を抑える美白効果で予防→改善→跡ケアをこの1本で実現できる背中ニキビ専用ジェル「Jitte+(ジッテプラス)」はこちらからどうぞ!


 

サイトマップ

ひまわり証券でFXを